スポーツ

テニス元世界女王 シャラポワ引退へ

更新日:

 

テニスの世界女王 マリア・シャラポア

インスタグラムで引退表明

テニスにさよならを

スポンサーリンク

テニス界の妖精

『テニスは私に世界を見せてくれた。そして、自分を自分たらしめるものは何かということを教えてくれた。テニスは、自分自身に試練を与え、自分の成長を測る手段でもあった。人生の次章として、どんな山を選ぼうとも、私は前進し、高みを目指し続ける。私は成長し続ける。』

『テニスに私は さよならを言います』

プロフィール

フルネーム: Marija Jurjevna Sharapova(マリア・ユーリエヴナ・シャラポワ)

国籍: ロシア
出身地: 同・チュメニ州ハンティ・マンシ自治管区ニャガン
居住地: アメリカ合衆国・フロリダ州
生年月日: 1987年4月19日
身長: 188cm
体重: 59kg
利き手: 右
バックハンド: 両手打ち

ツアー経歴

  • デビュー年      2001
  • 引退年            2020
  • ツアー通算      39
  • シングルス      36
  • ダブルス         3
  • 生涯通算成績   668188
  • シングルス      645171
  • ダブルス         2317
  • 生涯獲得賞金   38,703,609 アメリカ合衆国ドル

引用:Wikipedia

主な成績

  • 2004年 ウィンブルドン選手権 優勝(17歳の時)
  • 2006年 全米オープンテニス 優勝
  • 2008年 全豪オープンテニス 優勝
  • 2012年 ロンドンオリンピック 銀メダル
  • 2012年 全仏オープンテニス シングルス 優勝
  • 2012年 史上10人目の四大大会全制覇
  • 2014年 全仏オープンテニス シングルス 優勝
  • 2015年 約33億円の収入を記録(女性アスリート世界一)

四大大会(グランドスラム) 通算5勝

フロリダの名門アカデミー(錦織圭選手も学んだアカデミー)で腕を磨き2004年にウィンブルドン選手権初優勝。

2005年に初めて世界1位となった。

ドーピング問題

2016年1月の全豪オープン期間中の検査で2016年から禁止薬物に指定されたメルドニウムの陽性反応が出ており、3月7日に自ら記者会見を開き事実を公表。

6月8日、国際テニス連盟より2016年1月26日に遡ってドーピング違反により『2年間の選手資格停止処分』が科されましたが、『重すぎて受け入れることは出来ない』としてスポーツ仲裁裁判所に提訴し資格停止期間を15ヶ月とする裁定が下された。

年間最終ランキングは前年の4位から91位まで急落。

ツアー復帰

2017年、年間ランキング262位からだったのでワイルドカードを次々獲得して大会に出場を発表。批判的な声もありましたが年間最終ランキングは59位。

2018年は年間最終ランキング29位でトップ30復帰!

2019年は右肩ケガに苦しみ途中棄権や欠場もあり、年間最終ランキングは136位まで下がった。

2020年 2月26日に引退を表明


まとめ

ご自身のドーピングが引き金で、選手としてはつまづいてしまいましたが、32歳とまだまだ お若いので、これからの人生は悔いのないように過ごしていただきたいですね。

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© のんびりブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.